製品案内
製品トップ
特殊鋼製品のモノの流れ
精密磨棒鋼
引抜鋼管
冷間圧造用鋼線
ファインスラグ
ファインスラグ
ファインスラグ
冷間鍛造プレスのニアネットシェイプ化は、優れた中間素形材である「スラグ」が必要です。その優れたスラグとは、「形状・焼鈍・被膜」の3拍子揃ったものであり、宮崎精鋼では、長年培ってきた冷間圧造用鋼線の製造技術をベースにスラグ形状・金型・加工工程の設計に至るまで、独自のノウハウと徹底した管理により製造しております。
「宮崎のファインスラグ」は、ニアネットシェイプ化を可能にするだけでなく、コスト削減効果や省エネ・省資源等の環境問題にも大きく寄与します。
ワークフロー
 >>図をクリックすると拡大図が表示されます。
■宮崎精鋼のファインスラグの特徴
1)
冷間圧造用鋼線〜スラグ鍛造〜焼鈍〜被膜を一貫して設計・製造する為、お客様のニーズに最適なスラグをご提供できます。
2)
お客様のご指示(品番・納期・数量)に合わせてスラグをお届け致しますので、お客様の管理工数、工程内在庫の削減に寄与します。
3)
当社には磨棒鋼部門があり、引抜磨棒鋼品やピーリング棒鋼品の切断・面取スラグの製造・販売も可能です。
4)
全数表面キズを造り込みで保証可能です。
1.
フォーマーに設置されたPAQ(渦流探傷)システムを使用する事により、表面キズ(深さ0.07mm、長さ5mm以上)を検知し排出します。
2.
更に、円筒形状のPAQ対象スラグは、外径を研磨する事により表面キズゼロ、脱炭ゼロのスラグのご提供が可能になります。
3.
ピーリング製品の切断スラグでも、上記同様 表面キズゼロ、脱炭ゼロのスラグのご提供が可能になります。
PAQ
(深さ:0.07mm以上、長さ:5mm以上の表面キズをコイル全長保証)
スラグフォーマーの直前に設置した回転プローブから発せられる渦電流の電位差により、線材表面のキズを探知し、フォーマーを連続運転させながら、表面傷のあるブランクを不適合品シュートに排出させるシステムです。
PAQシステム
製品に関するお問い合わせ等がございましたらこちらからお願いいたします。
page top